ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

Counter

リンクは御自由に。URLはhttp://shots.orgでお願いします。
このURLでここ(トップページ)に転送されます。

なにか御連絡があれば shots11(あっとまーく)mac.com まで。



■ 2017年08月17日(木)  さよーなら、観光地!
神橋からてくてく歩いて(途中で社務所とかに間違って入って行きそうになりつつな!)
東照宮まで行って気付く。
あー、お金いるんやー!!!

あー、そういえば東大寺とかも拝観料要ったかも〜。
でも、高いぞ、東照宮。

私「1300円」
shots「たっか!」
私「高いよな〜」
shots「どうしよう・・・」
私「・・・1300円の価値があるんやろうか。えっと、見るもんって、陽明門と?」
shots「本殿と?」
私「眠り猫とかゆーやつもか」
shots「三猿も?」
私「・・・」
shots「・・・」
ここまできて、1300円×2で悩む2人(笑)←何しにきてん、何しに。

私「ここから見えへんのかなー、陽明門」←入る気失せてる(笑)
shots「うーむ」
私「どーするん?」
shots「ここまで来たし、、、悩んだら行こう!」
私「え、悩んだらやめるんちゃうん?!」

拝観料を見た瞬間から、しぶしぶ見学に来た雰囲気となった東照宮でしたが(そーなんかーい!)
素晴らしい彫刻の数々と、鳴き龍(龍の顔の下で拍子を打つと、音が共鳴して、鈴を転がしてるような龍の鳴き声に聞こえるっちゅーやつ)の鳴いたところを聞けて、それなりに満足でした。

でも、1300円はどーなん!
しつこい?!
いや、うちは最期の最期までゆうでー(笑)
宝物館とか美術館とか込みやったらまだしもやで。
せめて五重塔くらい込みにしろ(ちっさ!)

とまぁ、おもいっきり俗世の香りがする東照宮でした!

■ 2017年08月16日(水)  また変なトコ見てるし
grp0820093157.JPG 255×191 28K
shots「あの白いの何?」
私「!」
また、同じトコ見とる・・・(汗)

私「お札?」
shots「お札?」
考えることも一緒ー!!!

ちょっと近づいて触ってみる、が。
私「お札ちゃうかった」
shots「違うんだ」
私「紙じゃない、なんかカタい」
shots「なんだろ」
私「なんやろー?」←結局、何かわからず終了。

家康の神柩が納められてる宝塔は、最初は秀忠が建立した木造で、後に家光が石造りにして。
でも、地震で破損したため、綱吉が唐銅製に建立し直し、今うちらが見てるのは、その3代目のやつだそうです。

宝塔は八角形。
これは、陰陽道の影響を受けてらしい。

他にも、陰陽道に影響を受けた証みたいなんがあるらしく↓
・主要な建物を線で結んでいくと、北斗七星の配置とかぶるように設計されている
・鳥居〜陽明門〜唐門〜本殿を結ぶ延長線上に、北極星がくるようになっている
・さらに、その線を真南に行くと、江戸に向かっていくようになっている
ってことは・・・。
江戸から見ると日光は、真北。
→その向こうに北極星。
→北極星は、宇宙の中心。
→そこに家康のお墓。
→神となった家康は、江戸と北極星を結ぶ軸上にある日光の地から、江戸を見守ってますよ。
→オレが中心ー、オレすげー!
ってことか!!!

いや、最後んとこは知りませんけど(笑)

それにしても、昔の人って、もんすごいスケールでいろんな建物を造りますな。
東照宮だけじゃなく、ピラミッドとかもそうやけど。
スーパーナチュラルなものを、とても身近に感じてて、そして、それを観察する力や計算する力、さらには表現する力があったってことやんな。
ヒトって、、、そこから進化してんのかな〜(汗)

■ 2017年08月15日(火)  カメ?
081517.jpg 192×266 45K家康のお墓があるのは、陽明門より奥の奥の、奥宮。
眠り猫が彫られた門をくぐって、森っぽい中を、ずんずこずんずこ石段の道を行くと、そろそろもう石段は結構です!と思った頃(200段ちょっとらしい)に、奥宮の拝殿とお墓(宝塔)にたどり着きます。

奥宮には、家康の御遺訓「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」とか、朝廷から送られた文書のつまった御宝蔵とか、狛犬があったりします。
そして、宝塔のまわりには、ツルとカメの像、叶う杉(樹齢600年、諸々の願い事をこの杉のほこらに向かって唱えると、願い事が叶うと伝えられている)
ちなみに、そのカメの像ですが、うちのめかちゃんとは似ても似つかないカメです。
だって、ヒゲ生えてるし、竜みたいに首にょろーんって長いし、耳あるし。

よっぽど、建物のまわりに置かれてた、こっちの方がカメっぽい。

■ 2017年08月14日(月)  戦闘態勢
grp0819071247.JPG 270×188 32K私「じゃあさー、ちょっと斜めから見たら、チガウように見えるって知ってた?」
Rieu「え、なにそれー」
私「左斜めから見るとなー、戦闘態勢に入ってるように見えるらしいでー」
Rieu「え、そうなの?!」
私「ほら、見てん」
Rieu「わー、ほんとだー」
私「それは知らんかったんや?」
Rieu「そう」
すずめは知ってたのに〜?!
そっちの方がマイナーやと思うねんけどなー?!

■ 2017年08月13日(日)  平和の象徴
081317.JPG 270×182 32K
平和を象徴してる動物たちが、数多く彫られてるらしい東照宮の建造物。
その中でも、ちょーカワイイのが眠り猫でしょう!(めっちゃ独断)

この眠り猫、正面から見ると、猫が眠りたくなるくらいに平和な時代を象徴してるそうです。
Rieu「まーの、ねむりねこのうらがわに、なにがいるかしってる?」
私「裏?」
Rieu「そう、うら」
私「裏なんかあんのん?」
Rieu「そう。なんだとおもうー?」
私「えー、わからんー。ねずみ?」
Rieu「ぶー!せいかいは、すずめでしたー!」
私「うわ、似てるやん、すずめとねずみ」
Rieu「どこが!」
私「で、なんですずめなん?」
Rieu「すずめがいるのに、ねてるくらいにへいわなのをあらわしてるんだってー」
私「へー!」

■ 2017年08月12日(土)  魔除け
081217.JPG 255×191 33K
陽明門は、12本の白い柱で支えられています。
その全ての柱に、グリ紋という渦巻き紋様が彫られてるんですが、12本のうち1本だけが、渦巻きの紋様が逆になってるんだそうです。
え?
間違ったん?!
いやいや、そんなワケがありません。
あんな緻密な彫刻がぶわーっと並ぶ東照宮の中で、1本だけミスったー!とか、ないない(あったら笑う)

逆になってるんは、グリ紋だけで、他の彫刻の上下はふつーであることから、意識的にワザとそう作ったんだそうです。

私「知ってた?」
Rieu「しらなかったー!」
私「なんかな、昔のヒトはな、完成したもんは、あとは壊れるだけ〜みたいな考え方やってんて」
Rieu「あー、だからー!?」
私「そう、だから、これはまだ完成してないっすよー、未完成ですよーって思わせるっつーか、未完成の状態やでーってのを示すために、1本だけ反対にしてんてー」
Rieu「へー!」
私「でも、この1本だけ反対にしたんが完成です♡ってことになったら、完成したってことになると思うんやけどな」
Rieu「そーだよね!」
それはヘリクツ(笑)

ちなみに、東照宮には、陽明門の逆柱以外にも魔除け部分があります。
それは、唐門の柱にある花模様の彫刻。
お花お花お花のお花畑の中に、異なる模様の彫刻が・・・。
これも、ワザと。

となると、やっぱり、意図的なんですねー!
もんすごいこだわりに、ただただアッパレです!!

あ、でも、これ、今後言い訳に使えるかも・・・(ぐふふ)

■ 2017年08月11日(金)  三猿
081117.JPG 255×191 32K
「見ざる、聞かざる、言わざる」
あー、なんか知ってるー、聞いたことあるー。
でも、東照宮にあるって、知らんかったー(どんだけオバカなの〜)

三猿:目、耳、口を隠している3匹のお猿
日本語の語呂合わせから、日本が発祥の地と思われがちだが(思ってたわー!)、3匹の猿というモチーフは古代エジプトやアンコールワットにも見られるもの
日本には、8世紀頃「不見、不聞、不言」の教えが天台宗系の僧を経由して伝わったとか

東照宮の三猿は、江戸時代に左甚五郎が作ったとされていて、明治時代には海外にも紹介されるようになり、世界的に最も有名な3匹のお猿になったそうな(発祥ちゃうのにー!)

だから、外国人観光客多かったんかー!!!
お猿の写真、めっちゃ撮ってはったもんな〜。

でも、実は、三猿がおるんは日光だけちゃうらしい。
神奈川県の藤沢市とか、福岡県の柳川市とかにもあるんやってー。

知らんかったー!

さらにさらに、知らんかったこと、てんこ盛り盛りなんで、調べたことをこちらにご披露しますわ♡

「三猿は物語形式で、人の生き方を教えてくれる」
3匹のお猿んとこしか、みなさん見てはらへんかもしれへんけど(って、うちもそこしか見ーひんかったわ〜)、実は8面の彫刻で構成されておりまして。
1、母猿が手をかざして、子猿の将来を見ている
2、3匹の子猿が、それぞれ、目、耳、口をふさいでいる
3、ひとりだち直前の猿
4、大きな志を抱いて天を仰ぐ若い猿
5、人生に挫折し落ち込む猿と、その猿に寄り添い励ます仲間猿
6、物思いにふける猿、恋の季節到来
7、めでたく結婚、しかし迫り来る荒波、夫婦で乗り越えていきましょう
8、妊婦猿、やがて母親となって1に戻る
観光客の中で、8面全部の写真を撮りはった人は、何人おったやろう・・・(笑)

で、3匹のお猿は2の場面に出てきてて、
論語の「礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ」
が起源らしいです。

「子供の時は、世の中の悪いことを見たり、聞いたり、言ったりしないで、素直なまま育ちなさい」
という教育論的な意味を持つという意見が主流になってますが、
「とかく人間は、自分にとって都合の悪いことや相手の欠点を、見たり聞いたり言ったりしがちだが、そんなんせん方がいいでー」
という戒めの意味もあるそうです(これは、大人も子供も共通やな)

そして、実は「四猿」だったー?!(おい、解説なしかっ!)

65年振りに8面全部を塗り替える大修復がこの3月に終了し、鮮やかな色彩で美しくなった三猿・・・だが、白塗りー!デーハー!おめめデカいー!!と不評(鈴木その子か!)
確かに、お猿キラッキラで、輝いてた!!!(笑)

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  

- Since 1999.3.24 -